調査内容によって探偵の費用には違いがある


調査内容によって費用が違う

調査業者では様々な調査をおこなっています。そして、調査に掛かる費用も、その調査内容、業務によっておおきく変化します。
ここでは調査内容ごとの、費用の違いについて紹介していきます。

【探偵の調査費用まとめ】
・浮気調査
浮気調査の場合、一番安いので、1日数万円です。調査期間を延ばせばこれに日数、さらには調査員を増員した場合には、増員された人数分で費用がかかります。
平均して、7日間調査をおこなったとして、15万円程度から50万円程の費用が必要になります。
また、素行調査や行動調査もこれぐらいの費用が必要になると考えてもらっていいでしょう。

・人探し調査
探偵毎に違いがあるのですが、一般的には捜索の難易度によって調査料金が違ってきます。もっとも安い調査が住民票謄本の写しを行政書士などに代理で依頼して取り寄せてもらうもので、5千円程度です。
難易度が高くなると、行方がまったくわからないものでは、調査員の人数や調査期間の長さで費用はいくらでも高くなってしまいます。

・企業信用調査
企業信用調査では、企業側が求める結果がそれぞれ違っていたりするので、もっとも多い調査内容では、盗聴器の発見で2万円から5万円程度、そして不正調査では10万円以上100万円以内といった具合です。

これらの費用の違いから、どのように依頼をすれば費用を安くして調査をしてもらうことが出来るのかを考え、実際に見積りを出したときに参考にしてください。





(c) 探偵調査費用の解説com