探偵の調査は見積もり書に記載していない費用が最後に発生する恐れがあります。
見積もりには入らない費用

調査費用の見積もりを出してもらうのは当たり前ですよね。 しかし、この見積金額は納得のいく価格だったのに、いざ調査が終了したら、 考えていた料金よりもかなり増額されていた…ということがあります。 もちろん、説明はされたはずですが、想像していたよりも支出が多い、ということがあります。
このように、探偵調査費用の中には、調査が終了してみないとわからない料金が存在します。

それは、調査の延長料金です。

もう少しだけ延長することで証拠の取得ができそうです。
思いがけず調査対象がずいぶん長く滞在している。

そんな時、調査延長を行う提案を探偵にされる場合があります。
もちろん優良な探偵は、勝手に延長してしまうようなことは無いはずです。しかし問題は、延長時間の料金設定なのです。
1回の延長時間の設定が30分や1時間単位の探偵はほとんどありません。延長時間の料金設定が数時間単位の探偵は意外に多く、 たとえば調査は延長後30分程度で終わっても、3時間分の調査費用を請求される場合があるのです。

調査員2人で30分の延長、そして3時間の延長では、費用に大きく差が出ます。
依頼の前には延長の設定についても、確認しておく必要がありそうです。

  - MENU -